場所や住所のお役立ち情報を届けます!

場所や住所のお役立ち情報

スポンサーリンク

住所を検索する

インターネットが発達している今、住所なども簡単に検索することができます。スマホの地図アプリを利用すれば、目的のお店の名前などを入力するだけで住所が表示されます。また住所を入力することで、周辺の地図を表示することも可能です。

 

さらに企業などであれば、電話番号から住所を検索することもできます。

 

この機能はカーナビにも取り入れられており、カーナビにお店の電話番号を入力すると、地図を表示してくれます。

 

位置情報について

カーナビによって地図を使う必要がなくなっています。そんなカーナビは、位置情報によって成立しています。

 

位置情報とは、その端末が地球上のどこにあるのかを特定するものです。これがなければ、車の位置がわからず、カーナビがナビとしての役割を果たさなくなります。

 

この位置情報は携帯にも組み込まれており、携帯をカーナビのようにして使うこともできますし、位置情報を利用したゲームで遊ぶこともできます。

 

さらに携帯追跡アプリを使って、子どもを見守ることもできるため、小さな子どもを持つ親は、より安心できるでしょう。

 

住所の表記方法

各家庭にはそれぞれ住所が設定されています。

 

住所は都道府県名、市区町村名などで構成されています。また表記にも2種類あり、「1番1号」と表記する場合と、「1番地1」と表記する場合があります。前者は住居表示で、後者は番地となります。

 

また日本国内には例外的な住所の表記をすることがあります。

 

例えば京都市であれば、町名の前に「通り名」と呼ばれる表記がされますし、北海道であれば「丁目」だけでなく「条」という表記があり、座標で位置を表すことができます。

 

さらに山奥の方では「大字」という表記がされている場合もあります。

スポンサーリンク