キャンセルのお役立ち情報を届けます!

キャンセルのお役立ち情報

スポンサーリンク

ホテルの宿泊をキャンセルする

長期の旅行に行く場合、ホテルに宿泊することになります。しかし当日にホテルを探しても、なかなか空きが見つかるものではないため、事前に予約をしておかなければなりません。

 

ところが仕事の都合などで旅行に行けなくなった場合、キャンセルすることになります。

 

ホテルの場合はキャンセルポリシーというものが定められており、キャンセルする際の注意事項や、キャンセル料について記載されています。

 

このポリシーに則って、キャンセル料を支払うことでキャンセルが完了となります。

 

キャンセルを取り消す

一度はキャンセルしたものの、やはり旅行に行けるようになった場合、キャンセル自体を取り消すことはできるのでしょうか。

 

まずキャンセル料を支払った段階でキャンセルは成立しているため、キャンセルを取り消すことは難しく、改めて予約をすることになります。もし人気のホテルなどであれば、同日に再度予約を入れることは難しいかもしれません。

 

キャンセルをする際にはしっかりと考えてからにしましょう。

 

ネット通販のキャンセル

最近はアマゾンなどのネット通販が普及しています。ネット通販のメリットは、自宅から簡単に注文でき、自宅に配達してもらえることです。しかし現物も見ることなく購入するため、思っていたものと違う商品が届くこともあります。

 

アマゾンへの返品

アマゾンで購入した商品は簡単に返品することができます。

 

アマゾンの注文履歴から、返品に必要な情報を確認し、それらの情報と商品を同封してアマゾンに送ります。また注文履歴から専用のラベルをダウンロードし、そのラベルを貼り付けて送ることでも返品ができます。

 

ただし絶対に返品できるというわけではなく、条件によっては返品に対応してもらえない場合もあるので注意が必要です。

 

返品できない場合

ネット通販に限らず、購入した商品を返品しようとした場合、返品できないということがあります。

 

もし商品に欠陥があったことによる返品であれば、店舗側も対応しなければなりません。ところが購入者側の都合による返品には対応する必要がないのです。

 

そのため色が気に入らなかったなどの理由で返品しようと思っても、返品できないというケースが多くあります。

 

また商品に欠陥があった場合でも、返品ではなく交換での対応となる場合もあります。こういった条件はホームページなどに掲載されているはずなので、事前に確認をしておきましょう。

スポンサーリンク