電話番号のお役立ち情報を届けます!

電話番号のお役立ち情報

スポンサーリンク

電話番号の構成

各家庭の電話やスマホに設定されている電話番号。固定電話であれば「03-1234-5678」といった番号になりますし、スマホであれば「080-1234-5678」といった番号になります。

 

この電話番号は単に番号をランダムに並べているわけではありません。

 

まず上記の電話番号の「03」は市外局番です。地域によって違う番号が決まっており、「03」の場合は東京となっています。

 

そして「1234」の部分は市内局番です。市内局番は電気通信事業者ごとに決められており、地域によって決められているわけではありません。

 

そして最後の「5678」は、個人の加入者番号となっています。

 

このようにして電話番号は決められているのです。

 

また電話番号については総務省が管理しています。そのため総務省のサイトでは市外局番の一覧が公開されています。

 

「070」は何の番号?

固定電話では、地域によって市外局番が決まっていますし、携帯やスマホであれば「080」か「090」が設定されいます。しかしまれに「070」という番号から着信が入ることがあります。

 

この「070」は、もともとPHSに設定されていた番号です。そのため「070」の番号はPHSからの着信と考えられます。

 

また最近では「080」や「090」の空きがなくなりつつあるため、通常のスマホでも「070」が使われ始めています。

 

電話番号で居場所検索をする

スマホにはGPSという位置情報を示す機能があります。それを利用して、電話番号で居場所を検索できるサイトやアプリがあります。

 

サイトやアプリに、場所を検索したいスマホの電話番号を入力することで、今そのスマホがどこにあるのかを表示してくれます。

 

スマホを紛失した場合や、小さな子どもの登下校時には安心できるサービスです。

 

国際電話

海外に知り合いが住んでいて電話をしたい、もしくは海外に留学していて日本に電話をかけたいという場合には、国際電話を利用する必要があります。

 

海外の番号の書き方

海外に電話をかける場合、日本と電話番号の書き方が違うため、戸惑うかもしれません。

 

中国や韓国の場合は、日本と同様の構成になっているので、それほど苦労はしません。ところがアメリカの電話番号には、数字だけでなくアルファベットも含まれます。

 

そして電話のボタンには数字とアルファベットが記載されており、アルファベットもボタン入力しなければなりません。

 

日本の国番号

国際電話をかける場合には、もう一つ注意しなければならないことがあります。それは国番号を入力するということです。

 

それぞれの国には国番号が付与されており、国際電話をかける場合には国番号を入力しなければいけないのです。

 

国番号の一覧は、携帯キャリアのサイトなどに掲載されています。

 

また日本の国番号は「81」です。スマホで電話番号を表示した際に「080」の前に「+81」という表示がされているのを見たことがあるかもしれません。これは国番号だったのです。

 

電話番号を確認する

企業などに電話をかけたくても電話番号がわからないという場合もあります。そういった場合には「104」で電話をかけると、電話番号案内につながり、電話番号を確認できます。

 

しかしスマホで調べることができる時代なので、その需要は低下しています。

スポンサーリンク