道路のお役立ち情報を届けます!

道路のお役立ち情報

スポンサーリンク

道路上の事故

自動車が行きかう道路上では、やはり事故は避けられません。1人1人が注意をしていても、事故をゼロにすることは難しいでしょう。

 

また近年では高齢者による事故も増えています。中には高速道路を逆走するなど、危険極まりない運転が問題視されており、高齢者の運転のありかたが注目されています。

 

また道路上で事故が起きると、その道路は通行止めになってしまいます。特に高速道路で事故が起きて、通行止めになってしまうと、大渋滞が起きてしまいます。

 

そういった渋滞情報は、インターネットを通じて知ることができます。また最近ではライブカメラによる映像配信も行われており、一目で渋滞情報を知ることができるようになっています。

 

道路の表示や標識

運転免許を取得する際に覚えなくてはならない表示や標識ですが、一度運転免許を取得してしまうと忘れがちです。

 

しかし表示や標識の意味を忘れたまま運転していると、知らぬ間に違反をしてしまうことにもなりかねません。そのため常に標識の意味は把握しておきましょう。

 

道路標識の意味や一覧は、東京海上日動などの保険会社のサイトにも掲載されています。また新たな標識が出てくる場合もあるので、定期的にチェックしてみてください。

 

道路の開通予定

今現在、多くの道路が開通していますが、今後もさらに便利になるようにと、新たな道路の開通が予定されています。

 

特に高速道路は、順次新たな道路が開通しており、より交通の便が良くなっています。

 

こういった開通予定の情報は、日本道路交通情報センターのサイトで確認できます。

 

また新たな道路が開通することで、カーナビを最新のものに変えなくてはいけないので、忘れないようにしておきましょう。

 

道路の使用許可をとる

道路上で大規模なイベントを行ったり、映画の撮影を行ったりすることもあります。また道路工事を行うこともあります。こう言った場合は当然ながら道路の使用許可をとらなければなりません。

 

もし許可をとらずに道路を占有してしまえば、事故の原因になることは言うまでもありませんし、懲役刑や罰金刑が課されます。

 

道路の使用許可をとる場合は、警察に連絡をします。しかしすぐに許可が出るわけではないため、早めに相談をすることが必要となります。

 

住宅と道幅の関係

道路は住宅にも大きく関係しています。

 

新たに住宅を建てる場合、道幅が4メートル以上ある道路と敷地が2メートル以上接していなければいけません。また道幅が4メートルもない場合には、道路の中心から2メートル後退した箇所が、敷地と道路の境界線となります。

 

この敷地と道路の道幅の関係を知っておかなければ、広い敷地を購入しても、一部が使えないということになりかねません。

 

事前に購入する土地に面している道路についても調べておきましょう。

スポンサーリンク