営業時間のお役立ち情報を届けます!

営業時間のお役立ち情報

スポンサーリンク

主なチェーン店の営業時間比較

カフェ

店舗 平日 土日祝日
スターバックス 7:00〜22:30 7:30〜23:00
ドトール 7:30〜21:30 8:00〜21:00
エクセルシオール 6:30〜23:20 7:00〜23:20
ベローチェ 7:00〜23:00 7:00〜23:00
カフェ・ド・クリエ 7:30〜21:00 9:00〜19:00
タリーズ 7:00〜22:00 7:00〜22:00

※一部店舗により違いあり

 

ファストフード

店舗 営業時間
マクドナルド 24時間
ウェンディーズ 7:00〜23:00
ファーストキッチン 7:00〜22:30
モスバーガー 7:00〜23:00
ロッテリア 7:00〜21:00
サブウェイ 9:00?21:00

※一部店舗により違いあり

 

小売業の特徴

小売業態では、顧客が要求する物品を扱うことはもちろんのこと、買物をするのに来店した顧客への利便性の提供や商品の性質や品質を認知するための情報提供(情報発信拠点)も行い、それらサービスの対価も物品の販売価格に上乗せされる形となる。このため、廉価に販売する業態ではセルフサービスの導入で価格を下げる一方、それほど値引きはしないが品質維持に注力したりアフターサービスなど付加価値サービスを提供するなどの差別化戦略を展開している業者もあり、そのいずれもが商品を消費者に提供する流通の最後の段階を担っている。

 

小売という表現は、各々の消費者向けに最小単位(単体の製品)に「小分け」して販売することを意味している。英語で小売りを示すretail(リテール)も、re【再び】+tail【切る】(端から切り分けて販売する・切り売り)から生まれた言葉であり、販売者の規模が小さいという意味は無い。(一方、生産者側や問屋・卸売り側ではロットやパレットないしカートン(輸送用の箱のような容器を基準とする単位)などのある程度のまとまった流通単位でやり取りされる。)

 

なお産業革命以降の製造業(メーカー)は大量生産で廉価に安定した品質の商品を広く大衆にも供給しているが、直接的に商品が消費者に販売されるのは小売業者の店頭などである。通信販売では商店と顧客を仲立ちする宅配便や郵便を介在させるが、いずれにせよ直接消費者と接するのは小売業者である。このため、消費者の動向や意向を把握したい製造業では、この小売業者に接触してこれらの情報を得ようとする活動(マーケティングの一種)も見られる。

 

小売業の分類方法

 

  • 業種: 扱う商品や仕入れ先の卸売業者による分類である。
  • 業態: 顧客のセグメントやその来店頻度による分類である。

 

なお、証券コード協議会における業種分類では、一般的な物品の小売(物販)業のほか、レストランや居酒屋などの飲食店、ファストフードチェーンといった外食産業も、小売業として分類されている。特にチェーン展開する外食産業の場合、立地戦略など小売業と共通する部分も多いので、ここでは基本的に物販と外食産業の両方を含む説明とする。

 

営業時間短縮の傾向

人口減少や少子高齢化で労働力が減る中、小売り各社は営業時間を短くする例が相次いでいる。小売業調査で1年前と比べて店舗の営業時間がどうなっているか尋ねたところ「短縮した(一部の店舗の場合も含む)」と答えたのは14・6%、「短縮する方向で検討している」が5・4%だった。約2割の企業が短縮したり、検討をしている。

 

イオンは昨年春から首都圏1都2県の総合スーパー(GMS)の約7割で開店時刻を1時間遅らせた。三越伊勢丹は三越日本橋本店(東京・中央)や伊勢丹立川店(東京都立川市)などの開店時刻を30分遅くした。

スポンサーリンク