エクセルのお役立ち情報を届けます!

エクセルのお役立ち情報

スポンサーリンク

エクセルのツールバーを表示させる

エクセルの画面にはツールバーと呼ばれる表示があります。このツールバーからは書式設定や図の挿入などが行えますが、エクセルを使っているとツールバーに使いたい項目が表示されていないということもあります。

 

この場合、まず画面上部のツールバー内で右クリックをします。すると項目の一覧が表示されるので、表示したい項目にチェックを入れます。こうすることでツールバーに表示されるようになります。

 

全角と半角に変換するための関数

エクセルでは入力した文字を全角および半角に変換する関数があります。

 

全角を半角に変換する場合はASC関数を使います。例えば半角に変換した文字を表示したいセルに「=ASC(A1)」と入力します。そしてA1のセルの全角で文字を入力すると、ASC関数を入力したセルに半角で表示されます。

 

また半角を全角に変換する場合はJIS関数を使います。全角に変換した文字を表示したいセルに「=JIS(A1)」と入力すると、A1セルに入力した半角の文字が、全角になってJIS関数を入力したセルに表示されます。

 

行の高さの変え方

エクセルは表のような見た目になっており、それぞれの行の高さは変更することができます。

 

行の高さの変え方は様々ありますが、左端の数字部分にマウスカーソルを合わせると、上下に矢印が出たマークに変わる部分があります。その状態でドラック&ドロップすることで行の高さが変更できます。

 

またダブルクリックをすると、最適な高さに自動調整してくれます。

 

シート移動の方法

エクセルはシートを複数作ることで、同一のファイル内で表をいくつも作ることができるようになります。

 

シートを増やした場合には、画面左したにあるタグからシートを切り替えることができます。また「Ctrl+PageDown」で右のシートへ、「Ctrl+PageUp」で左のシートへ移動することもできます。

 

枠線を消す

エクセルは画面が表のようになっていますが、印刷すると枠線は表示されません。そのため表を作成したい場合には枠線を自分で表示する必要があります。

 

ところが枠線は一度表示すると消す方法がわかりにくくなっています。

 

枠線を消す場合には、枠線を消したいセルで右クリックをし「セルの書式設定」を選択します。そして「罫線」タブを選択すると、罫線の設定ができます。

 

枠線が表示されている部分が選択状態になっているので、一度ボタンをクリックすると解除されます。右にプレビュー画面も表示されているので、どのように表示されるのかを確認しながら操作してみてください。

 

小数点以下切り捨て表示する関数

小数点以下を切り捨て表示したい場合には、ROUNDDOWN関数を使います。

 

切り捨てを行なう数式

使い方は「=ROUNDDOWN(数値, 切り捨てる桁数)」でセルに入力します。たとえば「=ROUNDDOWN(8.47,0)」と入力することで、小数点以下を切り捨てた8が表示されます。

 

「=ROUNDDOWN(8.47,1)」であれば、8.4が表示されることになります。

 

文字列と数値の変換

エクセルは様々な場面で使われており、ホームページからエクセルファイルをダウンロードして使うこともできます。

 

しかしダウンロードしたエクセルファイルの場合、数値が文字列として表示されてしまうことがあります。

 

文字列になってしまった数値をもとに戻すにはVALUE関数を使います。「=VALUE(A1)」と入力すると、A1セルに入力されている文字列化した数値が、元の数値に変換されます。

スポンサーリンク