富士山のお役立ち情報を届けます!

富士山のお役立ち情報

スポンサーリンク

富士山の5合目の気温・天気について

富士山五合目観光協会公式ホームページにて、2分間隔のライブカメラで、ほぼリアルタイムの富士山5合目から見た空の様子を観察することができます。なお、そのホームページにて天候(天気、風、温度)、持ち物、服装などについての情報があります。そのほか、富士登山に必要な情報は富士登山オフィシャルサイトなどでも確認することができます。

 

富士山の絶景ポイント(10か所)

富士山の絶景スポットから特におすすめのポイントは雲見海岸(伊豆半島から富士山を展望できる最南端)、沼津市大瀬崎(半島と駿河湾越しに眺められる)、大渕笹場(茶畑の先に富士山)、水ヶ塚公園(富士山中腹の自然公園)、田貫湖(湖面に富士山が映り、春は桜、秋は紅葉がきれい)、さった峠(東海道本線、国道1号、東名高速道路が重なり富士山を背景にした写真の名所)、日本平(国の名勝地に指定の丘陵地で富士山、駿河湾、伊豆半島、清水の街を一望できる)、三保松原(富士山、松林の緑、打ち寄せる白波、海の青さが一望できる)、富士山静岡空港(富士山に最も近い空港。石雲院デッキから飛行機とともに眺める)、御前崎港(港と富士山)になります。

 

富士山の初冠雪

対象とする「山の一部が雪等の固形降水により白くなった状態が初めて見えたとき」を初冠雪と言い、富士山と甲斐駒ケ岳の観測を甲府地方気象台が行っています。富士山の初冠雪は平年値では9月30日であり、最も早い日が8月9日(2008年)、最も遅い日が10月26日(2016年)でした。

 

富士山の歴史

富士山が現在の形になったのはおよそ1万年ほど前だと言われています。10万年以上前に最初の噴火が始まり、それを何度も繰り返すことで積もった火山灰や溶岩などが山を形成、そして1万1千年ほど前に大規模な噴火が起こり上部(中心部)が崩落し、現在のような形の富士山になったと言われています。

 

富士山頂のライブカメラ

富士山頂からの展望に最も近いと言える映像は、八合五勺の山小屋「御来光館」に設置されたカメラからの映像です。USTREAMで配信していましたが、現在停止中です。代わりに1時間ごとのライブ静止映像を確認することができます。

 

富士山の天気情報

富士山近辺の天気、10日間天気、高度別の気温、風の情報をtenki.jpにて確認することができます。

 

富士山の動物

富士山には40種類以上の哺乳類が暮らしています。場所別にみると、高山帯にはヒメネズミ、トガリネズミなど、亜高山帯にはテン、ニホンカモシカ、ツキノワグマ、オコジョなど、山地帯にはヤマネ、ムササビ、ニホンリス、ニホンジカ、モモンガ、アカネズミ、イノシシ、ニホンイタチ、ノウサギ、タヌキ、キツネ、コウモリなど、地中にはコウベモグラとアズマモグラが暮らしています。

スポンサーリンク