受験のお役立ち情報を届けます!

受験のお役立ち情報

スポンサーリンク

入試について

高校や大学に入学する場合、受験をして合格しなければ入学できません。

 

入試は主に冬から行われます。

 

高校受験の場合は1月に多くの学校で入試が行われます。大学受験の場合は1月にセンター試験が行われ、その結果によってどの大学を受験するのかを決定します。各大学での入試は1月後半から2月前半に行われます。

 

大学受験の場合には、一般入試以外にもAO入試などの特殊な受験方法があり、そういった受験方法の場合は、入試日程が早まります。

 

合格発表は、各学校の校内に張り出されます。またインターネットにも掲載されるので、遠方の学校を受験した場合には、インターネットから合格発表を確認しましょう。

 

入試の内容

高校受験の内容は、国語、数学、英語、社会、理科の5科目が主となります。時間は各科目、約1時間です。

 

また英語科や工業科などの、専門的な高校であれば、それに応じた科目での受験となります。

 

大学受験の場合は、内容や科目が学校によって大幅に異なります。センター試験の結果だけで合否を判断する場合もあるため、受験する学校の試験内容はしっかりと確認しておく必要があります。

 

またAO入試などでは面接が行われる場合もあります。なぜその学校を受験しようと思ったのか、将来の目標はなにか、といったことを聞かれます。各科目の勉強だけでなく、面接の練習にも時間を割かなくてはなりません。

 

入試倍率とは?

有名な東京大学や京都大学の受験の話題になると、入試倍率の話があがります。

 

入試倍率とは、その学校を受験した人数と、設定されている定員から算出されます。そのため入試倍率が高くなるほど、合格が困難になるということです。

 

また地方の小さな学校であれば、受験者数が定員に達しない場合があります。しかしこういった場合に必ず合格できるのかというとそうではありません。入試倍率が1倍を下回ったとしても、受験の成績が悪ければ不合格になってしまいます。

スポンサーリンク