火事・火災のお役立ち情報を届けます!

火事・火災のお役立ち情報

スポンサーリンク

冬に増加する火事

冬場になるとニュースの話題の多くは火事になります。もちろん1年中、火事が起きる危険性はありますが、冬場は乾燥するため、物が燃えやすくなり、夏場よりも火の回りが速くなります。

 

そのため延焼速度も速くなり、火災による死亡事故のニュースも多く目にするようになってしまうのです。

 

火事の情報を知る

火事はたとえ遠くで起きたとしても注意しなければなりません。風の強さによっては火が激しくなりますし、風向きによって思わぬ方に火が広がることもあります。

 

火事に巻き込まれないようにするためにも、情報をしっかりと知っておくことが大切です。

 

まず火事についての速報を見てみましょう。インターネットで検索をすれば、各地の消防局が、どこで火事が起きているのかの情報を公開しています。これらの情報はリアルタイムで更新されているので(自治体によって違いあり)、消防車の音が近い場合には活用してみましょう。

 

東京都では災害件数が多数あるため、東京消防庁からの公式なウェブでの災害告知案内は現在(2018年1月時点)では行っておりません。しかし、近隣の川崎市、横浜市、市川市、浦安市、相模原市などが災害ウェブ告知を行っています。

 

また最近はSNSが普及しており、火災の情報も流されています。普段はSNSを利用していない場合も、速報として活用できるため、スマホにアプリを入れておくとよいでしょう。アプリは「Fire Corps め組」「火事・救急通報ナビ」などがあります。

 

各地の火事情報

火事に関する情報の調べ方は様々ありますが、地域によっては調べにくい場合もあります。

 

都道府県によっては消防局が事故情報や火災情報を公開しているので、簡単に調べられるでしょう。しかし消防局の情報が無いところもあります。そういった場合には、非公式の速報を公開しているサイトを利用するしかありません。消防局が提供する情報のほかで活用しやすいものとしては、各都道府県別に「火事ドコ?まっぷ」という火事の場所情報がネットで提供されていますので、参考にするといいでしょう。

 

火事はいつ起こるかわかりません。万が一の時に、パニックに陥ってしまわないためにも、信頼できる情報が得られるサイトを事前に見つけておくとよいでしょう。

スポンサーリンク