敬老の日のお役立ち情報を届けます!

敬老の日のお役立ち情報

スポンサーリンク

敬老の日をお祝いするのは何歳から?

老人福祉法で定められている老人の定義は65歳以上です。国連のWHOの定義でも65歳以上を高齢者としていることからも、65歳以上が該当するというのが一般的です。

 

敬老の日の由来や意味

敬老の日は9月の第3月曜日です。もともと敬老の日は兵庫県の小さな村で行われていたお年寄りをいたわる行事の「としよりの日」が起源とされています。これが兵庫県全体に広がり、その後に全国に広がったようです。これが1964年に「老人の日」と改称され、さらに翌年の1965年に「敬老の日」と改称され国民の祝日と制定されました。

 

敬老の日のイベント

敬老の日には特に孫からおじいちゃん・おばあちゃんへの感謝を伝えるためのイベントが各地で開催されています。オリジナルメッセージカードやプレゼントの作成が主な内容になります。

 

敬老の日の挨拶・お祝いの言葉

敬老の日に行う敬老会などでの挨拶・お祝いの言葉は、いくつか言ってはいけないNGワードがあります。例えばお年寄り、高齢者などです。

 

挨拶では基本的に感謝の言葉(例:本日はお忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございます)、功績をたたえる言葉(例:日本の発展にご尽力いただきましたことを心より感謝いたします)、今後の健康を祈る言葉(健康とご長寿を心よりお祈りしております)などをいれます。

 

敬老の日のお祝い状(手紙)

スマホやPCなどのメールの活用が急増していますが、手紙というのも大切なツールです。その手紙を書くにあたっていくつかポイントがあります。

 

基本的には封書で縦書きが正式なマナーとなります。そして、死や病気を連想させる忌み言葉を使わないようにしましょう。また、年寄り扱いしたり、年齢を強調するなどしないことは大切な気配りと言えます。

スポンサーリンク