工事のお役立ち情報を届けます!

工事のお役立ち情報

スポンサーリンク

道路工事の行われ方

道路の舗装など、道路上で工事が行われている光景をよく目にします。この道路工事は、実は入札によって業者が決まっています。

 

自治体などが道路工事の情報を出し、工事の業者がそれに対して入札をします。そして複数の業者から選ばれた業者が工事を行うことになるのです。

 

こういった業者の情報は、自治体や道路を管理する団体のサイトで道路工事情報として公開されています。

 

また公共の工事では、工事にかかる単価がある程度定められています。この単価は地域によって違い、各地域のサイトで一覧として公開されています。

 

工事に必要な書類

建設工事を行う場合、様々な書類が必要となります。

 

まずは「建設工事標準下請契約約款」です。これは中央建設業審議会と呼ばれる団体が制定している契約書です。

 

工事の際の契約書は、建設業法によって定められていますが、この「建設工事標準下請契約約款」は建設業法に則った形式となっているため、広く活用されています。

 

そして「建設工事公衆災害防止対策要綱」も重要です。工事の際には危険なことが起きる可能性があります。そういった危険を防止するために、事前に調査をして、安全性の高い工事方法を選択しなければなりません。

 

工事注文請書

工事を行う前には「工事注文請書」を交わすことになります。この工事注文請書には、署名や捺印だけでなく、印紙の貼り付けも必要です。

 

印紙は注文の金額によって異なり、金額が大きくなるほど、印紙の金額も高くなります。

 

重要となる近隣挨拶

どのような規模の工事でも、騒音が発生する場合や大型のトラックが出入りする場合は、近隣挨拶が重要です。

 

近隣挨拶は、挨拶文と粗品などを配布し、工事が始まることや迷惑がかかるかもしれないことを伝えます。

 

もし近隣挨拶をせずに工事を始めてしまえば、後々トラブルに発展しかねません。

 

工事においては非常に重要な書類とも言えるのです。

スポンサーリンク