交通事故のお役立ち情報を届けます!

交通事故のお役立ち情報

スポンサーリンク

交通事故の定義

普段何気なく使っている「交通事故」という言葉ですが、その定義を知っているという人は少ないのではないでしょうか。

 

一般的に交通事故というと、道路上で自動車同士、もしくは自動車と人間の間で発生する事故のことです。

 

しかし交通事故は道路上だけとは限らず、海上における船の接触事故や、航空における飛行機の事故も交通事故に含まれます。

 

また道路上の交通事故は自動車と人間だけでなく、自転車も含まれるため、自転車と人間の接触事故も交通事故と言えます。

 

交通事故はどこで起きているのか?

日々どこかで起きている交通事故。最近では危険を察知して自動でブレーキをかけてくれる自動車もあり、交通事故が減少するかと思われましたが、高齢ドライバーによる交通事故も増える一方です。

 

では今日起きた交通事故は、どこで起きたものでしょうか。

 

各新聞社のサイトや、県警のサイトでは速報として交通事故の場所や、どのような状況での交通事故だったのかを公開しています。

 

交通事故の発生件数

交通事故については警察などで統計が取られており、毎年発生件数が発表されます。

 

平成28年度の交通事故発生件数は499,201件でした。日本全国で1年間に起きた交通事故の件数とは言え、やはり非常に多いことがわかります。

 

また各地の交通事故発生件数は、ランキング形式でも発表されています。

 

交通事故発生率でいうと、少し古いデータになりますが香川県がワースト1位となっています。この発生率は、交通事故発生件数を人口で割ったものです。

 

とのため発生件数自体は東京がワースト1位となっています。

 

自動車などで旅行する際には、各地の交通事故状況を考慮したうえで、注意して運転したいものです。

スポンサーリンク