面積のお役立ち情報を届けます!

面積のお役立ち情報

スポンサーリンク

面積の単位

面積の単位といえば、小学校で習う「u(平方メートル)」や「平方センチメートル」が挙げられます。

 

しかし日本には、これら以外にも面積の単位があります。

 

例えば平方メートルは平米とも言います。また100平方メートルは1アール、10,000平方メートルは1ヘクタールと呼ばれます。

 

さらに土地の面積を表す際に使われる「坪」。1坪は3.30579平方メートルです。住宅の面積を表す「畳」は畳1枚分で1.6528926平方メートルになります。

 

このように日本には、同じ面積でも単位が異なる場合があります。計算によって求めることもできますが、計算方法を覚えておくのも面倒な物です。

 

そのような場合は、面積を換算してくれるサイトを利用すると良いでしょう。このサイトに面積を入力すると、自動で任意の単位に換算してくれます。

 

面積ランキング

世界には大小さまざまな国があります。では面積でランキングを作った場合、どの国が大きく、どの国が小さいのでしょうか。

 

国別の面積ランキング

国別のランキングで見ると、最も大きい国はロシアで1,710万平方キロメートルです。次いで2位がカナダで998万平方キロメートル、3位がアメリカで983万平方キロメートルとなっています。

 

また小さい国で言うと、最も小さい国はバチカン市国で0.44平方キロメートル。次いでコーラル・シー諸島で0.9平方キロメートル、カルガドス・カラホス諸島で1.3平方キロメートルとなっています。

 

日本の面積は?

日本の面積は37万平方キロメートルで、244ヶ国中62位となっています。

 

そんな日本を都道府県別の面積で見ると、1位は圧倒的な広さを誇る北海道で83,424平方キロメートル。2位は岩手県で15,275平方キロメートル、3位は福島県で13,784平方キロメートルです。

 

しかし可住地の面積で見ると、1位は北海道、3位は福島県とかわりませんが、2位は新潟県となります。

スポンサーリンク