喪中のお役立ち情報を届けます!

喪中のお役立ち情報

スポンサーリンク

喪中はがきはいつ出すの?

身内が亡くなった場合、喪中となります。喪中には祝い事を避けなければならないため、新年の年賀状も送りません。

 

その代わりに喪中はがきを送ります。これは知人などに喪中であることを知らせると同時に、新年の年賀状を辞退する旨も知らせる役目があります。

 

喪中はがきを出すタイミングは12月の初旬が好ましいですが、もし年末になって身内が亡くなった場合には、できるだけ早めに送るようにしましょう。

 

喪中となる範囲は?

身内が亡くなると喪中になりますが、身内といっても範囲が広いものです。どこまでを身内としてとらえればよいのでしょうか。

 

一般的には一親等と二親等の身内が亡くなった場合が喪中となります。両親や子ども、兄弟や祖父母までです。もし結婚をしていて義父が亡くなった場合は、喪中に当たらないということです。

 

しかしこれは一般論に過ぎず、明確な正解はありません。亡くなった身内との関係性などから判断をするようにしましょう。

 

喪中はがきに対する返事

喪中はがきを受け取った側は、遺族の意向に従って行動しなければなりません。

 

例えば喪中はがきに、年賀状を送ることも受け取ることも辞退したい旨が書かれていれば、年賀状を送ってはいけません。しかし年賀状は受け取りたい旨が書かれていれば、例年通りに年賀状を送っても問題ありません。

 

ただし年賀状を送る場合には、喪中に対する文章を入れた方が良いでしょう。

 

また年賀状を送らない場合でも、喪中はがきに対する返事、いわゆる喪中見舞いはした方がよいでしょう。はがきと共に線香などを送る場合が多いようです。

 

この場合の例文としては「ご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。」といった文章が良いでしょう。

スポンサーリンク