年賀状のお役立ち情報を届けます!

年賀状のお役立ち情報

スポンサーリンク

年賀状のやりとりをやめたい

新年のスタートの象徴ともいえる年賀状。最近はメールなどで済ませる場合が多く、年賀状を送らないという人も多いかもしれません。

 

しかしひとたび年賀状のやり取りをすると、毎年年賀状を出さなければならなくなってしまい面倒に感じるかもしれません。また高齢で年賀状を出すのをやめようと考えている人もいるでしょう。

 

では年賀状を辞退したい場合、どうすればよいのでしょうか。

 

まず年賀状を辞退することを事前に知らせる方法があります。12月の頭あたりに年賀状を出さない旨を伝えておけば、相手から年賀状が届くこともありません。

 

また元日を避けて寒中見舞いとして送る方法もあります。寒中見舞いに年賀状をやめる旨を書きます。また来年からも年賀状を出さない場合には、そのことも書いておきましょう。

 

文例としては「どなた様へも年賀状によるご挨拶をお送りしないことにしました。」という文章がよいでしょう。「どなた様へも」という言葉が入っていないと、別の人には年賀状を出したのかと勘繰られてしまいます。

 

年賀状で使われる賀詞

年賀状には賀詞と呼ばれる言葉が使われます。もともと祝いの言葉として、年賀状に限らず使われていましたが、最近では年賀状で多く使われます。

 

特に年賀状においては四字熟語がよく使われます。

 

たとえば「謹賀新年」や「謹賀新春」といった言葉です。これらの言葉には「謹んでお喜び申し上げます」という意味が含まれており、上司など目上の人に対しても使えます。

 

版画でオリジナル年賀状を

年賀状を作る場合、市販の年賀状を使う場合もあれば、デザインが入ったパソコンソフトを購入して使う場合もあります。

 

しかしそれらは完全なオリジナルとは言えません。

 

そこで版画を使ってオリジナルの年賀状を作ってみるのはいかがでしょうか。版画は決して簡単なものではありませんが、1度版木を作成してしまえば、複数枚の年賀状も簡単に作ることができます。

 

慣れないと時間がかかってしまいますが、パソコンが普及した現代においては趣のある年賀状が作れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク