NHKのお役立ち情報(アナウンサー、防災、電話番号など)

NHKのお役立ち情報

スポンサーリンク

NHKのアナウンサー

NHKは全国に約500名のアナウンサーが所属しています。入局したらいったん東京の研修を経てから各地の放送局に配属となります。そのほか、NHKラジオセンター、NHK放送研修センター・日本語センター、NHKグローバルメディアサービスなどに出向になるアナウンサーもいます。

 

NHKのアナウンサーは管理職は6月、一般職は8月に全国規模の転勤の時期となります。その他の時期では2月から3月にかけて転勤する場合が多いです。

 

NHKアナウンス室のホームページにてNHK所属のアナウンサーの検索が可能です。他にQ&Aやアナウンサーになりたい人向けのコンテンツもあります。

 

NHKの女性アナウンサーは落ち着いた清楚な美人が多いと評判です。男性アナウンサーは親しみを感じさせる一方で安心感もあると評判です。

 

NHKの気象情報(天気予報)

NHK総合テレビでは1953年のテレビ放送開始時から気象情報(天気予報)の放送が行われており、日本のテレビ放送としては最も長期にわたっています。気象庁が発表する情報のうち、気象の情報のみを取り扱い、地震や火山についての情報は取り扱いません。これは他局も同様の傾向にあります。

 

NHKでは原則として気象庁の予報をそのまま放映し、気象庁がカバーしていない部分に関しては日本気象協会や民間の気象会社の情報を補完的に利用しています。これはNHKは気象予報業務許可を受けておらず、独自の予想を行っていないからです。

 

NHKのラジオ周波数

NHKのラジオはNHKラジオ第1、NHKラジオ第2、NHK-FMの3つがあります。これらのラジオの周波数は地域によって違います。ちなみにNHKラジオ第一の東京での周波数は594kHzです。この周波数は茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川もカバーしています。

 

NHKのBSデジタル放送のメッセージ消去

BSデジタル放送の受信機を設置して30日経つと設置確認メッセージが表示されるようになります。メッセージ消去の申し込み画面で、名前、住所、B-CASカード番号などを登録すればメッセージは表示されなくなります。しかし、衛星放送の契約が済んでいない場合は別途、衛星放送の契約案内メッセージが表示されます。こちらも申し込むことでメッセージを消去することができます。

 

NHKラジオの番組表

NHKのAM・FM放送とネットラジオの番組表はNHKラジオのホームページ「らじる・らじる」にて確認することができます。

 

NHKの問い合わせ電話番号

番組についての問い合わせは0570-066-066、受信料関係の問い合わせは0120-151515になります。解約したい場合は0570-00-3434かもしくは近所の放送センター・放送局の番号へかけます。

 

NHKの見学

NHKスタジオパーク、NHKアーカイブス、NHK放送センターの番組公開ライブラリー、NHK放送技術研究所、NHK放送博物館の施設見学ができます。そのほか、放送体験クラブとして各放送局で行われるクラス単位の体験イベントの参加や、NHK放送センター内での中学生・高校生の訪問学習などを行うことができます。

 

NHKの世論調査

NHKは住民基本台帳から対象者を抽出し、各種の世論調査を行っています。政治意識に関しては毎月定例で行っています。これらの調査の結果はニュースや番組で発表されるほか、不定期の刊行物などでも公表されます。

 

NHKと防災

NHKは「NHKそなえる防災」というホームページ上にて防災知識の啓蒙を行っています。そのほか、スマートフォン向けにニュース・防災アプリを提供し、最新ニュースや災害情報をいち早く届けています。他には「防災パーク」などのイベントを主催しています。

 

NHKの解約手続き

NHKは一度契約をしたら解約が難しいと言われていますが、受信料を支払わない正当な理由があれば解約することは可能です。

 

もし今まで一人暮らしをしていた場合、実家に帰るので支払いを実家とまとめてくださいとNHKに電話で伝えます(以前はネットでも手続きできましたが、2017年4月時点では電話のみ)。注意点としては実家も受信料を払っていない場合はこの方法が使えません。

 

他にはテレビを処分するのも解約理由となります。その場合はNHKに電話をかけ、解約用紙を送ってもらい記入して提出します。たまになかなか話が付かずに困ることもあるそうですが、訪問の際に部屋の中を見せることやテレビを処分した際の領収書、廃棄シールなどを見せることで対応が可能となる場合があります。

 

NHKのホームページ

NHKのホームページつまりNHKオンラインにてブログ、ラジオ、ケータイ、アーカイブス、施設情報、会社情報などを確認することができます。特に「ためしてガッテン」のページでは、今まで行った実験や取材、料理レシピなどがデータベースとして公開されているため、利便性が高いです。

スポンサーリンク