お布施のお役立ち情報を届けます!

お布施のお役立ち情報

スポンサーリンク

お布施の袋、包み方

お布施を包む方法は大きく分けて2つあります。奉書紙を使うやり方と、白の封筒を使うやり方の2つです。

 

奉書紙を使う場合

半紙でお札を包み、中包みとします。それを奉書紙で包みます。もしくは中袋にお札を入れて奉書紙で包みます。奉書紙はつるつるしている方が表面で、ざらざらしている方が裏面です。上包みの折り方は慶事の時と同じで、上側の折り返しに下側をかぶせます。この奉書紙を使う方法が最も丁寧と言えます。

 

白の封筒を使う場合

郵便番号欄が印刷されていない無地の封筒を奉書紙の代わりとして使用します。「お布施」「御布施」とプリントされている封筒もありますが、この場合は特に中袋を使用せずに封筒にお札を入れ、裏面に住所と金額を記載すればいいです。

 

お布施の表書き・裏書きの書き方

表書きは薄墨ではなく、普通の黒墨で書きます。「お布施」「御布施」と書くか、もしくは何も書かなくても構いません。御布施と書いた下にフルネームで法事を執り行う施主の名前を記入します。

 

お布施の中袋(住所、氏名、金額)の書き方

中袋の裏面の左側に住所と氏名を書き、右側に金額を書きます。金額は頭に「金」と書いて、続けて旧字体の漢数字にて金額を書きます。例えば5万円は「伍萬圓」、10万円は「壱拾萬圓」などと書きます。

 

お札の入れ方

1万円札を例とすると、封筒に入れる際に福沢諭吉側(表側)が最後になるように入れます。

 

御布施の渡し方・マナー

法事法要での渡し方は、受付にて渡しますが、受付が用意されていない場合は、法事法要の前後で挨拶と一緒にお布施を渡します。葬儀の場合は式が始まる前にお坊さんに挨拶する場面で渡します。

 

渡し方のマナーとしてはお布施をお盆(切手盆)にのせて渡すのが作法とされています。お盆が用意できない場合は袱紗(ふくさ)でもかまいません。

スポンサーリンク