新聞のお役立ち情報を届けます!

新聞のお役立ち情報

スポンサーリンク

新聞の1面記事

新聞は主に日本国内で起きた事件や出来事を記事として掲載しています。特に1面は重要な記事が載せられます。

 

朝刊の場合は30面ほどあり、1面は最も目に触れる部分です。そのため各新聞社が読者に伝えたい記事を多く掲載しています。

 

つまり新聞を読む時間が取れない場合には、1面だけを見ることで、その日の情報の重要な要素を仕入れることができるようになっているのです。

 

新聞社に投稿する

新聞の記事は、全て新聞社が決定しているわけではありません。中には読者が投稿したものが記事として掲載されることもあります。

 

内容は人生相談や川柳など、参加しやすいものが多くあります。よく新聞を読むという人は、一度投稿してみても面白いかもしれません。

 

新聞の休刊日

世の中では常に様々なことが起きていますが、新聞は必ず発行されるわけではありません。それぞれの新聞社で休刊日が定められています。

 

これは新聞社が休みをとることを目的としているわけではなく、新聞の販売を行っている店舗を慰労する目的で定められています。

 

そのため休刊日であっても、新聞社の取材活動は行われていますし、今ではネット上で記事を掲載することもあります。

 

なくなりつつある夕刊

新聞は朝に朝刊、夕方に夕刊が発行されます。しかし近年、夕刊がなくなりつつあります。

 

原因はインターネットの普及や、ライフスタイルの変化です。これらの原因によって夕刊が読まれなくなり始めており、夕刊の発行を取りやめる新聞社が多くなっているのです。

 

訃報欄とは?

新聞には事件や出来事の記事だけでなく、訃報欄というものがあります。

 

これは亡くなった人の名前を掲載する欄で、首都圏で発行されている新聞の訃報欄には、大手企業の役員といった、重要な役職についている人が掲載されます。また地方の新聞であれば、その地域に住んでいる人が掲載されます。

 

これによって葬儀の会場などを知ることができるのです。

 

新聞の発行部数ランキング

新聞を発行している新聞社は数多くありますが、その中でどの新聞が発行部数トップなのでしょうか。

 

1位から3位を見てみると、1位は読売新聞、2位が朝日新聞、3位が毎日新聞となっています。このランキングは2004年から変化はありません。

 

しかし発行部数で見ると、2004年には1000万部を発行していた読売新聞も、今では800万部まで落ち込んでいます。

 

過去の新聞を読む

新聞をとっていても、そのすべてを保管している人はいないでしょう。しかし新聞社では過去の新聞を読めるサービスを展開しています。

 

新聞社に申し込むことで、過去の新聞記事を送ってもらえるサービスもありますし、読売新聞では過去135年分の新聞を読める、大学や研究機関向けのサービスも行っています。

スポンサーリンク