職業訓練のお役立ち情報を届けます!

職業訓練のお役立ち情報

スポンサーリンク

職業訓練とは

職業訓練は厚生労働省が就職を斡旋するために行っている政策で、ハローワークを通して手続きが行われます。職業についていない人が専門技術を身に着けることで就職の役に立てるための制度です。指定の職業訓練校にて受講します。雇用保険を受給中の人(公共職業訓練)とそうでない人(求職者支援訓練)で利用できる制度が違います。

 

職業訓練校で学べる内容には介護福祉、機械、電気、パソコン、ネイリスト、インテリアデザイン、日本語講師養成など色々あります。住んでいる地域によって受けられる講座の内容は違いますので、詳細は近くのハローワークにてご確認ください。

 

職業訓練校

国は障害者職業能力開発校を設置し、そのほか、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 が運営する職業能力開発大学校(ポリテクカレッジ)や、職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)や、都道府県が運営する職業能力開発校などが訓練を実施しています。

 

障害者の人を対象とした職業訓練

障害のある人を専門とした障害者職業能力開発校は全国19校あり、重度障害者などを対象にきめ細かいサービスを提供しています。国立機構営校が2校、国立県営校が11校、県立県営校が6校あります。

 

一般の職業訓練校についても精神障害、発達障害等を対象にした職業訓練コースを実施しています。そのほか民間の企業、NPO、社会福祉法人なども障害のある人のニーズに答えた職業訓練を実施しています。これらの学校は障害者団体、特別支援学校、福祉・医療・保険機関、労働局・ハローワークと連携を行っています。

 

他にも、障害のある人の技術向上と社会への認知向上、雇用促進のためにアビリンピック(障害者技能競技大会)を実施しています。

 

東京の職業訓練校マップ

スポンサーリンク