水族館のお役立ち情報を届けます!

水族館のお役立ち情報

スポンサーリンク

各有名水族館の比較

有名な水族館の特徴や料金などを比較しました。

 

東京都葛西臨海水族園

特徴:

世界の海を再現した水族館で、世界各地の海域の生き物が見られます。50以上の水槽で見どころが満載です。世界で初めてマグロの群泳に成功しています。

営業時間:

9:30〜16:00(閉館17:00)

場所:

東京都江戸川区臨海町6-2-3

入場料:

一般700円・中学生250円・小学生以下と都内在住または在学の中学生無料(中学生は生徒手帳提示)・65歳以上350円

 

サンシャイン水族館

特徴:

「天空のオアシス」をコンセプトにした、ビル屋上にある都市型水族館。約240トンの大水槽「サンシャインラグーン」や日本初の「クラゲトンネル」、 アシカが空を飛ぶように泳ぐ水槽「サンシャインアクアリング」、「アシカたちの砂浜」 などが見どころです。

営業時間:

10:00〜19:00(閉館20:00)※時期により異なる

場所:

東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上

入場料:

大人2000円・小人(小中学生)1000円・幼児(4歳以上)700円

 

すみだ水族館

特徴:

スカイツリー内にオープンした水族館。8つのゾーンで構成されています。小笠原の海を再現した「東京大水槽」や、様々な角度からペンギンやオットセイを見ることができる水量約350トンのゆりかご型水槽などが見どころです。

営業時間:

9:00〜20:00(閉館21:00

場所:

東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ5〜6階

入場料:

大人2050円・高校生1500円・小中学生1000円・幼児(3歳以上)600円

 

横浜・八景島シーパラダイス アクアリゾーツ

特徴:

500種類10万点の生き物が生活する最大級の「アクアミュージアム」、イルカをテーマにした「ドルフィンファンタジー」、海の生き物と交流できる「ふれあいラグーン」、育てる・獲る・食べるを通じて考える海育をテーマにした「うみファーム」の4つの個性的な水族館を楽しめます。

営業時間:

8:30〜21時30分

場所:

神奈川県横浜市金沢区八景島

入場料:

アクアリゾーツパス (4つの水族館の入場パス)を購入、大人3000円、小中学生1750円、4歳以上800円、シニア2450円

 

マリンワールド海の中道

特徴:

2016年10 月からの全館改装工事を終えて、2017年4月12日(水)にリニューアルオープンしました。九州の海をテーマとしています。「大水槽」のイワシの群、「水槽観覧通路」や「大水槽に面したエレベーター」などの見どころがあります。

営業時間:

9:30〜17:30 (期間限定で夜の水族館も営業)

場所:

福岡市東区大字西戸崎18-28

入場料:

大人・高校生2,300円、中学生1,200円、小学生1,000円、4歳以上小学生未満600円

 

須磨海浜水族園

特徴:

水中トンネルや餌やりも楽しめます。 日本ではここでしか見ることのできない珍しい魚など約600種、約13,000頭を飼育しています。 本館には屋上展望広場、講義室、大水槽などがあり、イルカライブ館などの様々なパビリオンがあります。

営業時間:

9:00〜17:00

場所:

兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5

入場料:

18歳以上1300円、15〜17歳800円、小中学生500円。

スポンサーリンク