定年のお役立ち情報を届けます!

定年のお役立ち情報

スポンサーリンク

定年退職の時期

企業で働いている人も、定年を迎えると退職をします。この制度は昔から存在しており、年齢は65歳と定められています。

 

しかし最近では定年退職に対する考え方や、少子高齢化社会の進行などから、定年退職の年齢が65歳から徐々に引き上げられています。

 

定年退職後の生活

65歳ないしは、それ以降に定年退職をした人は、その後どのような生活を送るのでしょうか。

 

多くの人は、今まで仕事ばかりしてきたため、夫婦で旅行などを楽しんでいるようです。

 

しかし定年退職の年齢が引き上げられたと同時に、定年退職後も再雇用という形で会社に残るケースが増えています。再雇用時の賃金は、今までの賃金の5割から7割程度になる場合が多いのですが、それでも再雇用を選択する人が多いのです。

 

退職時の挨拶

定年退職時には、退職者も在職者もお互いに挨拶をすることになります。

 

退職の挨拶文例

定年退職の挨拶文例は、調べるとたくさん出てきます。そのどれもに含まれているのが、長年勤めた会社に対する感謝や、職務におけるエピソードです。

 

また退職後の抱負などを含めることで、明るい印象になるのではないでしょうか。

 

退職者への挨拶

では退職者を送り出す在職者からは、どのような挨拶をすればよいでしょうか。

 

退職者との関係にもよりますが、直属の上司だったのであれば、様々な指導に対する感謝の言葉や、謝罪したいことを笑いを交えて伝えても良いかもしれません。

 

また定年退職の場合は、最後まで働き通しているので、お祝いのような挨拶をするのも良いでしょう。

 

定年退職でも失業保険が受給できる

失業保険は退職や解雇によって職を失った場合に受給できるものです。そのため定年退職では受給できないイメージが強いですが、失業保険は定年によって職を失った場合も対象となるため、実は受給できるのです。

 

ただし失業保険と年金は同時に受給できないため、定年退職後に失業保険を受給する人は少ないのです。

スポンサーリンク