問い合わせのお役立ち情報を届けます!

問い合わせのお役立ち情報

スポンサーリンク

サポートセンターでわからないことを解決する

スマホや家電など、便利な物が多くなっています。しかし便利ゆえに使い方が難しい物もあります。使い方がわからないまま触れてしまうと、故障の原因にもなりかねません。そういった場合にはサポートセンターに問い合わせてみましょう。

 

家電などは、メーカーにサポートセンターが設置されています。各メーカーのサイトや説明書にサポートセンターの電話番号が記載されているので、その番号にかけましょう。

 

また電話での問い合わせは、サポートセンターの営業時間内に行わなければならず、仕事などでなかなか問い合わせできないということもあります。

 

そういった場合は、メールでの問い合わせも便利です。メールであれば24時間受付けされていることが多いので、利用しやすい方で問い合わせてみて下さい。

 

アップル製品の問い合わせ

今ではほとんどの人が持っているスマホ。特にアップルのiPhoneは、非常に多くの人が使っています。またアップルではiPodやiMacといった製品も取り扱っています。

 

こういったアップル製品の使い方がわからない場合には、アップルサポートへの電話が必要となります。アップルのサポートセンターは世界各国に設置されていますが、日本のサポートセンターの電話番号は「0120-27753-5」となっています。

 

また電話をする前に、製品のシリアル番号を用意しておく必要があります。

 

さらにアップルでは、アップルリモートサポートというサービスが行われています。これはサポートセンターのスタッフが、自分のパソコンの画面を遠隔で見ながら説明できるというもの。電話越しではなかなか伝わらない説明も、このサービスによって、より伝わりやすくなります。

 

LINEへの問い合わせ電話

連絡手段としてLINEを使っている人も多くいます。このLINEでも、使い方がわからなくなることがあります。

 

しかしLINEの場合は電話での問い合わせを受け付けていません。そのため問題報告フォームから、問い合わせ内容を送信することになります。

 

その他の問い合わせ

普段利用している製品のメーカーやサービス企業は、サポートセンターを設置しています。主な企業の問い合わせについて見てみます。

 

ヤマト運輸

ヤマト運輸の問い合わせ番号は、「0120-019-625」です。

 

料金や配達予定日、クール宅急便などの特殊な配達方法などについて問い合わせることができます。

 

ブラザー

ミシンやプリンターなどを取り扱っているブラザー。ブラザーのサポートセンターは、製品ごとに分かれており、問い合わせ番号が異なります。

 

サイトで問い合わせたい製品を選択すると、電話番号が表示されるようになっています。

 

パナソニック

パナソニックもブラザーと同様に、製品によってサポートセンターが異なるため、電話番号も違います。

 

まずはサイトから製品を選択して、電話番号を調べてください。またメールでの問い合わせにも対応しています。

スポンサーリンク