月見のお役立ち情報を届けます!

月見のお役立ち情報

スポンサーリンク

月見とは

日本では主に8月15日から8月16日、9月13日から14日の夕方に行われます。月見に関する話題で、「十五夜」「十三夜」という場合には、これらの夜を意味します。

 

中国や日本では、月を愛でる習慣は古代からあると言われていますが、日本では縄文時代の頃からと言われています。しかし、「竹取物語」には、かぐや姫が月を見ながら憂いている場面があり、同時に月見を嫌う考えもあったのではと推測されています。

 

八月十五夜(中秋の名月)

旧暦のこの日(8月15日)の夜の月を「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と呼んでいます。9月23日頃の秋分の前後半月の期間で対象となる日付は変動します。この日は満月と言われていますが、完全な満月である確率は低く、最大で2日程度のずれがあります。このとき、関東や西日本の天候に恵まれている可能性は低いです。

 

日本の風習

平安時代から貴族たちの間で、月の饗宴とボート遊び(水面上で月を楽しむこと)などに興じ、歌や祭りを開いていました。平安の貴族たちは、月を直接見るよりも、それを池や池に映してみて板と言われています。

 

現代では、月が見える場所でススキを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを用意し、酒を捧げて月を鑑賞します。この時期に収穫された里芋を供える地方では芋名月と呼ぶところもあります。沖縄ではふちゃぎ(吹上餅)を作って供えます。

 

中国の風習

この習慣は、中国に由来しています。中国では中秋節として盛大な祭りをします。月餅を食べながら月を眺める習慣がもともとありましたが、最近ではひと月前から知人に月餅を配り、当日までに食べ飽きてしまうという現象も起きています。

 

九月十三夜(後(のち)の月)

旧暦の9月13日〜14日の夜は後の月と呼ばれ、大豆や栗などを供えるため、豆名月または栗名月などとも呼ばれます。日本独自の風習と言われています。

スポンサーリンク