役場のお役立ち情報を届けます!

役場のお役立ち情報

スポンサーリンク

役場(役所)の営業時間

市区町村によって営業時間は違いますが、営業開始時間はおよそ8:30から9:00の間で、終了時間はおよそ17:00から17:30の間になります。近所の各役場(役所)ホームページよりご確認ください。

 

営業している曜日もおおよそ、月曜から金曜日の平日、土曜は午前中などとなっていますが、出生・死亡・婚姻等の戸籍関係の届け出は休日や夜間など閉庁している間も休日・夜間受付窓口などから受付をしている役場もあります。通常の受付とは違う入口にある場合もあります。

 

役場の職員

役場の職員の仕事は楽で提示きっちりに帰宅でき、土日休日はしっかり休めるという印象をお持ちの人もいるようですが、地方や配属によっては全く違う場合もあります。

 

地方の役場の職員を含む地方公務員の給料は平成19年度の平均月額394168円から右肩下がりを続け、平成26年には368817円となっています。大半の市区町村の財政状況などを考えると給与は今後も減少傾向にあるといえるでしょう。人件費削減の影響は給料の額だけではなく、職員の数にも影響し、減り続けています。その結果、一人当たりの仕事は増加するということになり、必ず定時に帰れる仕事とは言えない場合が増えてきました。

 

役所の手続き

役場(役所)に最もお世話になるときは、引っ越しのときでしょう。転出届、転入届、転居届などは役場でやり取りすることになります。その他、会社を辞めた後、国民年金と国民健康保険の手続きをする際にも役場にいくことなります。

 

役場(役所)の臨時職員

役場の臨時職員は、要するに臨時のアルバイトのことです。時給は千円前後、募集職種は事務補助、技術補助、保健師(免許必要)等になります。採用プロセスとして、役場に履歴書を提出する方法もありますが、インターネット公募制度がある場合もあります。そのほか、市町村内の保育園、病院、学校の臨時的任用職員の募集をしていることもあります。

スポンサーリンク